スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツでの妊婦生活

皆様。大変大変ご無沙汰しております。
デュッセルドルフ在住のゆうゆきママです。

ブログは、1月下旬から更新できておらず、
大変失礼しました。

3月には大震災がありましたが、皆さまの知り合い、
親戚の方々ご無事でしたか?
原発のこともありますし、今も沢山大変な思いをされている方。
沢山いらっしゃると思います。
心よりお見舞い申し上げます。
こちらでも、募金活動やチャリティーマッチ、コンサート。
たくさんあります。
少しでも早い被災地の復興を願っています。

さて、こちらは、1月に妊娠しまして、現在妊娠8カ月。
3人目の出産と言えど、ドイツでの初めての出産
ということで、不安や戸惑いもありますが、
今、検診でお世話になっている、日本人の産婦人科の
先生主催の妊婦教室に通いつつ、
徐々にこちらの状況がわかってきて、安心材料が増えてきたところです。

二人の娘のあとに、お腹にきてくれたのは、男の子。
また、新しい風を吹き込んでくれそうで、楽しみです。

そうそう、こちらで妊娠される日本人の方、
私の周りだけかもですが、男の子がとっても多いように感じます。
同じ会社で、こちらで妊娠した方も、
私が知っているだけで連続4人目。男の子です。
食生活が肉が多かったり、お水のせいなのか・・・。
体質が変わるのでしょうか。
たまに女の子もききますが、そういう方は、
長期間一時帰国されてたり、日本で妊娠されてきた方が多いです。

こちらでの出産に関しては、同じ先進国といっても、
日本との違いも沢山あります。

大きな一つは、妊婦検診は診療所。出産は病院。
(助産院・自宅分娩は、日本より少ない気がします…)。
そして、病院での出産は、事前予約がなくても、受け入れてくれるそうです。
みなさん、たいてい、出産予定日の1~2ヶ月前に、
病院をどこにするか決めて、予約するようです。
そして、退院後は、基本は、妊婦検診で通っていた診療所へ。

ということで、現在、どこで出産するか病院選びで
見学に行ったりの日々です。
デュッセルドルフは、わりと大きい都市なので、
周辺も含めると、6か所くらいあって、
ドイツ語が話せないので、片言の英語(かなり意味不明な英語…)で、
頑張って見学に回っているところです。

ということで、また、少しずつ、こちらでの妊娠出産について
書いて行けたらと思います!

広島も暑いかと思いますが、熱中症などに気をつけて。
楽しい夏となりますように☆


ゆうゆきママ










スポンサーサイト

お誕生日 in ドイツ

デュッセルドルフ在住。ゆうゆきママです。

年明けて、早いもので、1月下旬にさしかかりました。
3学期は、幼稚園でも、おもちつき大会、節分の豆まき、そして
カーニバル。修了式。帰国になる人も数人いらっしゃり、
送別会もあるし、きっとあっという間なんだろうなぁ~。

昨日は、次女の2歳の誕生日。お家で家族での誕生日会をしました。

ということで、今日は、ドイツでの誕生日、誕生日会。について書いてみます!

まず、多くの大人たちですが、自分の誕生日の日には、
なんと、自分でケーキを職場に持っていきます!
(買ってくる方がほとんどのようです。)

なので、朝からみんながケーキを食べている。
そんな風景を、主人もよく見かけるようです。
日本人男性は、朝からケーキを食べる・・・気にはならない
ようで、もらいに行かない人も多いようですが、
すぐなくなっちゃうようです!
ドイツでは、女性はもちろんですが、男性も
ケーキ、アイスが好きな方が多く、
男性も、ケーキやアイスを食べる姿をよく見かけます。
(最近は、日本男児も甘いものをよく食べる方が増えているかな?)
アイスカフェも多いし、(夏には特に!)
おじいちゃん、おばあちゃんも、そういったところで
お茶しているのを、よく見かけます。

ところで、話はもどり、
日本だったら、自分の誕生日に、職場で、
「今日は私の誕生日です!」みたいにケーキを配るなんて
みたことがありませんでした。

私の場合は、誕生日だとバレルと、みんなが気をつかいそうだから、
だまっておこう。って、思うことが多かったです。
(きっと、そういう方の方が多いですよね?)
でも、自分から言わなくても、大切な人達には
覚えていて欲しいし、祝ってもらいたい。
っとも思っていました。

ドイツの方々のように、こうやって、
自分の誕生日に自分から声を上げる習慣って、
素敵だなぁって思いました。

きっと、感謝の気持ちもあるのかな?っと感じました。

確かに、誕生日って祝ってもらいたいけど、
自分が生まれて育つには、親、友人、周りの方々の
おかげあってのもの。誕生日は感謝の気持ちを伝える日
でもあるのかな?

そして、自分から誕生日を祝いはじめ、
そうすることで、みんなが「おめでとう」って
言ってくれて、とっても幸せな1日になるのだろうなぁ。

子ども達の誕生日会は・・・というと、
屋内の遊具施設で、誕生日会をしているのをよく見かけます。
家だと、招待する人数も、広さにより限られますが、
そこなら、大勢で誕生日会もできます。
(冬、寒いからか、100人以上遊べるような、
屋内施設が、デュッセルドルフにもところどころあります!)
子ども達が、思いっきりあそべるし、
天気にも左右されないので、人気誕生日会スポットなのでしょうね。

ということで、今日は、誕生日、誕生日会についてでした☆


ゆうゆきママ

ドイツの年末年始

明けましておめでとうございます!
年末バタバタとご挨拶する暇なく、年が明けてしまいました。

我が家は、12/20くらいから、2人の娘が同時に手足口病になり
(幼稚園ではやってて…)
その後、普通の風邪も併発したのか、上の子が40℃近くの熱が続き、
小児科へ行ったり、慌ただしい、クリスマス前でした。
主人も出張中だったので、ちょっと大変でした。
夜中は、咳が多く、吐いたりもして、洗濯も多く…

クリスマスは、ちょっとお疲れだったので、
お料理は控えめにさせていただきました。
サンタさんには、ちゃんと来てもらいましたけどね!
それでも、なんとか、26日にはみんな良くなってきて
(お薬のおかげで…)、
26日から、ローマ旅行に行ってきて、31日の夜帰り、
買っておいた、緑のたぬき(カップそば)を食べ、年を越しました。

昨日は、冷凍していた食材を使い、お雑煮を食べたり、
近くにあるお寺に初詣にいったりしました。
お寺があるのは、ドイツでは、かなりめずらしく、
デュッセルドルフは日本人が多いのもあって、できたのだと思います。

さて、ドイツの年末年始ですが、以前にもお話しましたが、
クリスマスが、日本で言うお正月のようなものなので、年末はちょっと派手です!

31日、暗くなると、徐々に外で花火の音がし、
24時には、いたるとこで花火があがります。
1時くらいまでは、音がうるさいくらいです!

この花火、ほとんどは一般の人が大きい打ち上げ花火を買って、あげています。
クリスマスが終わると、スーパーなどいろんなところで、花火が売られているとのことです。
(私は、まだこちらで花火を買ったことがないのですが・・・)

24時頃は、外で手持ちの花火をしている人も多く、年末は、唯一思いっきり花火できる時のようです。
幸い、今年は、年末、気温があまり下がらなかったので、0℃くらい。
(でも、ずっと外にいると寒いですし、我が家は、家の中から花火を見ました。)
我が家の周辺でも、花火をあげ、お酒を飲みながら新年を祝う姿が見られました。

そして、元旦の朝があけると、しずかです。
ただ、マナーの悪い方もいて、お酒の瓶や花火のかすは散らかりっぱなしな感じのとこも多いです。

夏は日が長く、6月は暗くなるのが23時以降なので、花火はする人はいません。
この年末は唯一花火の習慣があるようです。
(夏には、大きいお祭りの時には、大きい打ち上げ花火が23時半から上がったりはありますが)

そして、1/2からは、普通の日になるので、平日なら仕事が始まります。
今年は、日曜日なので、1/3が仕事始め。
こちらは、クリスマスが、3日くらいお休みなので、そのあとは普通は仕事。
そして、1/1はどこもお休みですが、その後はすぐ仕事なのです。
日本と比べて、年末年始のお休みは短いですよね~。

でもでも、みんなお休みを取るのは夏!
短い人でも2~3週間。1か月お休みを取ってゆっくりする方もいらっしゃいます!
医師も、ちゃんと長いバケーションをとるし、この辺は、日本と大きく違うように思います。
(日本人は、やっぱりそうはいかず、我が家は1週間くらいのお休みですが…
その分、年末もちょっとお休みをもらっちゃいますが…)

ということで、我が家も、明日から主人も出勤。
幼稚園が始まるのは7日なので(日本人の幼稚園だから)、
今週は、子ども二人とべったり。何しよっかな~
っと言った感じです。

それでは、皆さま楽しいお正月を☆

ゆうゆきママ


ドイツでのクリスマス☆

2週間ぶりとなってしまいました!
デュッセルドルフより、ゆうゆきママです。

日本も寒くなって来たようですね。
こちらも寒いです。先週は昼間もマイナス6℃の日もありました。
雪も降ったりやんだりでしたが、
今週に入って、気温があがり氷点下でない日もあり、雪もすっかり溶けました。

昨日は、長女の通っている幼稚園の「こども劇場」(発表会のようなものです)があり、
娘も「どうぞのいす」のオペレッタに出演。
我が子の成長ぶりに、普段の疲れもふっとび、元気をもらいました。
ママからの子ども達へのプレゼントとして、合唱とダンスもあり、
風邪気味だった私も、なんとか合唱で出演でき、大満足でした。
(このために、週3~4回1時間以上ずつ1か月練習がありましたから、
無事歌うことができてほんとに嬉しかったです!)

さて、今日は、こちらでのクリスマスについて3つ書かせていただきますね。


1つ目は、Advent Wochen というクリスマスになる
4週前の週末から始めることについてです。
Adventには到着という意味もあり、キリストの誕生日を
待ちわびて生まれたイベントなのでしょうか。
クリスマスの4週前の週末に間に合うように、
4本のろうそくを立てたリースを作り、
食卓などに置き、1番目の週末(日曜)に1本ろうそくを火を灯し、
次の週末に2本目のろうそくを・・・・
そして、クリスマス前の週末は4本のろうそくが灯ります。
このリースの色が日本のお正月の飾りに似ていて、
国は違っても似たことがあるなぁっと思いました。
伝統的な色は、緑の葉に、赤や金の飾りやろうそく。だそうです。
緑は希望。赤は生命力。金は太陽光。を意味していると教えていただきました。

我が家も、今年は私が教えてもらいながら手作りしたリースのろうそくに
毎週1本ずつ火を灯しています。今日は3本目をつけます。
ほんとうは、ずーっと火は灯し続けるようですが、
我が家の場合、子どもも小さいし火事になってもいけないので、
その都度消して、日曜日の1回しか火をつけません。
ドイツの方は、日曜、お茶、又は食事をしながら、
このろうそくに火を灯し、クリスマスを心待ちにするようです。

リース



2つ目は、子ども達が楽しみにしている、Adventカレンダーについて。
12月に入ると、このカレンダーが、子どもがいる家には、どこでもあるようです。
1~24の数字があり、毎日、1つずつ、開けていくのですが、
そこを開けると、お菓子が入っていたり、おもちゃが入っていたり。
カレンダーといっても、いろいろあり、手作りの布製のものもあったりします。

我が家は、サンタさんにチョコが入っているアドベントカレンダーを
スーパーで買ってきました。
子ども達は、毎日朝ごはんの後、開けるのを楽しみにしています。
日本で言う「も~いくつ寝るとお正月~」って感じなのでしょうか。
あと何日でクリスマス。という感じで、子ども達もサンタさんが来るのを楽しみにしているのでしょうね。

アドベントカレンダー




最後に、こちらのクリスマスツリーについて。
ドイツでは、本物の木を利用する方が多いようです。
いろんなサイズがあって、クリスマスマルクトや、いろんなお店で売っています。
そして、お正月明け、1月10日前後だったか、回収日があり、
道端に木を置いておくと、回収車が木を回収してくれます。
飾りは、24日に家族みんなで飾るというのが、伝統的な感じだそうですが、
今は、11月末くらいからか、よくみかけます。
お店などは、もちろん11月半ばから飾っていて、クリスマスモードになってます。
日本と大きく違うのは、クリスマスツリーは1月に入っても飾ること。
クリスマスが過ぎても、クリスマス気分?が味わえます。

我が家は、下の子も小さかったので、去年、作り物の1.5メートルくらいのツリーを購入。
今年も、そのツリーを11月に出しで飾り付けをしました。



ということで、我が家も、子ども達や私も風邪ひきながらですが、
ドイツでの2度目のクリスマスを楽しんでいます。

皆様も、楽しいクリスマスをお迎えくださいね☆

ドイツ デュッセルドルフより☆

初のブログへのかきこみとなります!
ドイツ・デュッセルドルフ在住のゆうゆきママです

主人の仕事の関係で、こちらに3年の滞在予定で、
今、約1年半経過したとこです。
子どもと一緒におでかけマップ、初版からのメンバーです。
上の子が4歳。下の子は1歳10カ月です。

ブログは不慣れで、読みにくい点も多々あるかと思いますが、
こちらの様子を、ときどき書きこませていただきますので、
よろしくお願いします。

生まれてからずっと広島で生活してきた私にとっては、
初めての大きな引っ越し。1年間は、大変なことも沢山あり、
精神的には余裕なく過ごしていましたが、
ようやく落ち着いてきて、子ども2人とのべったりの生活も、
こちらでの生活も、やっと楽しめそうになってきたところです。

さてさて、こちらも、段々真冬に近づいてまいりました。
朝7時半ごろようやく明るくなり、夜17時にはうす暗くなる。
太陽も、ほとんど見れず、曇りや雨の天気。
1週間に1回でも太陽が見れたら嬉しいくらいです!
あと1か月の間に、暗い時間はさらに1時間以上は多くなるはず・・・

っと、ここまでは、とっても暗~く感じますが・・・

11月18日木曜日から、デュッセルドルフで
クリスマスマルクト(クリスマス市)が始まりました!!
ドイツやその周辺の方々は、きっと、この暗く長い冬の前半を、
クリスマスマルクトで気分を盛り上げて乗り越えていくのかなぁ
って思います。

ドイツ各地で開催される、クリスマスマルクト。
デュッセルは開始が早い方ですが、月末までには、
ほとんどのクリスマスマルクトが始まるかと。

ここ、デュッセルドルフでは、合計200以上の店舗が並びます。

売ってるのものは様々。
ツリーに飾れるような小物やアクセサリー、雑貨や食器、
子ども向けのおもちゃ、食べ物・・・。
あと、グリューワインという温かいワインを出しているお店も
沢山あり、大人は寒い中湯気をたてて飲んでます!
このグリューワインのカップがかわいいものや素敵なものもあり、
デポジット式(カップを返すとお金が帰ってくるという方式)
なのでそのまま、持ち帰りもOKなのです!
これを集めている方もいらっしゃるくらいです。

メリーゴーランドやスケート場もあり。
去年ケルンにいった時は、高速回転の小さな観覧車も・・・・
(もちろん移動組み立て式。多少怖かったのですが・・・)
小さい子どもたちは、メリーゴーランドなどで、
少し大きい子どもたちはスケートも楽しめます。

ただ、幼稚園くらいまでの子ども達にとっては長居できる
感じはないので、
(メリーゴーランドに何回も乗るのも出費がかさむし、
オムツ替えのできるとこも近くにはなかなかないので…)
小物を集める趣味もない私は、雰囲気を楽しむくらいです。
でも、それだけでも楽しいかな。
暗い天気を忘れさせてくれます!

現地の方は、子ども達をシッターさんに頼んで、
夫婦だけ又は大人だけで出かけることも多い様子。
きっと、ゆっくりお酒や買い物を楽しんで、
大人の時間、特に夫婦の時間も大切にされているようです。
それも、親子両者にとって大事だしメリットも
あることだなぁってこちらに来てよく思います。

たまにはそんな時間も必要だけど・・・

やっぱり、私は、「子どもと一緒に楽しみたい!」
託児の費用もかかりますしね
街中でも子連れで一緒に楽しめるような
環境になってほしいです。

日本は、その店、素晴らしいと思います。
小さい子連れで、買い物にいっても遊べるスペースがあったり
授乳室やオムツ替えコーナー、トイレも充実していて・・・

日本人は、小さい子どもを預けたくないという方も多いはず。
その国民性から整ってきたサービスなのでしょうね。


ところで、こちらのクリスマスですが、
街は、人気もなく、とても静かに。。。
クリスマス前日の昼くらいから、どこのお店もお休みとなり、
24日から会社もお休みになるところがほとんどで、
家族でのクリスマスとなります。
ここが、日本とすっごく違うとこです!
(日本のお正月に近いかな?)
3日くらいお店がお休みだったりなので、
しっかり買いだめをするというクリスマス前。
うっかりすると、クリスマスに、ご馳走が作れない!
なので、クリスマス前は、3日分くらいの献立を
事前に考える必要があり、かな~り悩まされます。

といったところで、また時間があるときにこちらの様子を
投稿していきますのでよろしくお願いします。

デュセルドルフより☆ゆうゆきママ
公式HPリンク
プロフィール

子どもと一緒におでかけ隊2010

Author:子どもと一緒におでかけ隊2010
広島ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。