スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツでの妊婦生活

皆様。大変大変ご無沙汰しております。
デュッセルドルフ在住のゆうゆきママです。

ブログは、1月下旬から更新できておらず、
大変失礼しました。

3月には大震災がありましたが、皆さまの知り合い、
親戚の方々ご無事でしたか?
原発のこともありますし、今も沢山大変な思いをされている方。
沢山いらっしゃると思います。
心よりお見舞い申し上げます。
こちらでも、募金活動やチャリティーマッチ、コンサート。
たくさんあります。
少しでも早い被災地の復興を願っています。

さて、こちらは、1月に妊娠しまして、現在妊娠8カ月。
3人目の出産と言えど、ドイツでの初めての出産
ということで、不安や戸惑いもありますが、
今、検診でお世話になっている、日本人の産婦人科の
先生主催の妊婦教室に通いつつ、
徐々にこちらの状況がわかってきて、安心材料が増えてきたところです。

二人の娘のあとに、お腹にきてくれたのは、男の子。
また、新しい風を吹き込んでくれそうで、楽しみです。

そうそう、こちらで妊娠される日本人の方、
私の周りだけかもですが、男の子がとっても多いように感じます。
同じ会社で、こちらで妊娠した方も、
私が知っているだけで連続4人目。男の子です。
食生活が肉が多かったり、お水のせいなのか・・・。
体質が変わるのでしょうか。
たまに女の子もききますが、そういう方は、
長期間一時帰国されてたり、日本で妊娠されてきた方が多いです。

こちらでの出産に関しては、同じ先進国といっても、
日本との違いも沢山あります。

大きな一つは、妊婦検診は診療所。出産は病院。
(助産院・自宅分娩は、日本より少ない気がします…)。
そして、病院での出産は、事前予約がなくても、受け入れてくれるそうです。
みなさん、たいてい、出産予定日の1~2ヶ月前に、
病院をどこにするか決めて、予約するようです。
そして、退院後は、基本は、妊婦検診で通っていた診療所へ。

ということで、現在、どこで出産するか病院選びで
見学に行ったりの日々です。
デュッセルドルフは、わりと大きい都市なので、
周辺も含めると、6か所くらいあって、
ドイツ語が話せないので、片言の英語(かなり意味不明な英語…)で、
頑張って見学に回っているところです。

ということで、また、少しずつ、こちらでの妊娠出産について
書いて行けたらと思います!

広島も暑いかと思いますが、熱中症などに気をつけて。
楽しい夏となりますように☆


ゆうゆきママ










スポンサーサイト
公式HPリンク
プロフィール

子どもと一緒におでかけ隊2010

Author:子どもと一緒におでかけ隊2010
広島ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。